いかめしの歴史

いかめしの歴史

いか飯は、イカの中に米を入れて炊き上げた日本の料理です。函館の阿部弁当店が 第二次世界大戦中の昭和16年に戦時体制による食糧統制で米が不足していたため、当時豊漁だったスルメイカを用いて米を節約しても作れる料理として考案したのが始まりと言われています。

その後、戦後の1966年に京王百貨店で『第1回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会』が行われ、 阿部弁当店はこの大会にいか飯を出品。第2回には早くも売り上げ1位となり、 以後同大会をはじめとする「駅弁大会」の常連となりました。

これによって「いかめし」は徐々に全国的に知られるようになり、現在では様々な業者が製造販売するようになり、催事や通信販売で レトルトパックになったものが流通するようになりました。いか飯は今では身近な料理として親しまれています。

下関いかめし本舗の商品開発



そして、下関いか飯本舗では、新たな美味しさを求めて研究開発をおこない、現在は3つの「いか飯」を開発・販売しております。


ご飯を 詰める時にいかの筒が破れないようにするのが
苦労しましたが
今後うに入りのいかめし開発を考えております。
どうぞお楽しみに!

全国一律
送料800円!

お客様より 取り扱い店舗のご紹介
ページ先頭へ戻る
Copyright © 下関の海鮮惣菜【下関いかめし本舗】. All Rights Reserved.
ホームページ制作 福岡
  • PC版